MOMOIKU

日々の雑記

「バフンうに」

「バフンうに」

和食レストラン「とんでん」の幟である。昨日ドライブしていて、目の端に入ってきた。

「そうだろうな」とは思いつつも、ずっと確認するのが怖いまま、この歳まできてしまったことがある。「バフン」もそのひとつだった。

わざわざカタカナ表記にしているが、まさか外来語や擬態語ではあるまい。ぜったい「アレ」だという気はしていた。日々、国語辞典を傍らに置いているにもかかわらず、確認した途端、食欲(うに欲)が失せてしまうのではないかという不安があった。

 

ばふんうに【馬糞海胆】
ウニの一種。殻はやや扁平な球形で、直径約4センチメートル。短いとげが密生する。全体暗緑色。生殖巣は最高級の雲丹うにとして賞味される。北海道南部以南に分布。日本特産種。マグソガゼ。
三省堂大辞林 第三版』

 

 やはり、馬の糞と書いて「バフン」だった。一説によると、馬の糞に似ているからその名が付いたとか。馬の糞を目にする機会もないので、どう似ているのか分からないが、あえて汚い名前を付けることで、豊漁を祈念したりといった呪術的な目的があったのかもしれない。「饅頭怖い」みたいな感じで。

ちなみにフンは糞の音読み。和語としては「くそ」が古くからあった。「くそ、まれ……」といった表現が古事記にも出てくる。となると、「おまる」などは、いまでは使わなくなった「大便をする」意味の動詞「まる」が残っている貴重な言葉なんだなと思う。
「ねこばば」の「ばば」も糞の意味。こちらは幼児語とのこと。では、「うんこ」はというと、

 

うん‐こ
(「うん」はいきばる声。「こ」は接尾語) 大便をいう幼児語。くそ。うんち。
※咄本・寿々葉羅井(1779)牢人者「みんなこいヱ、祭がうんこしてゐる」 〔一茶方言雑集(1819‐27頃)〕
小学館『精選版 日本国語大辞典

 

 1819年頃の用例が掲載されている。意外に古くから使われていたようだ。この際だから、もうひとつ。

 

うん‐ち
大便をいう幼児語。うんこ。
※木の上の生活(1969)〈安岡章太郎〉「寝る前には忘れずにウンチをするんですよ」
小学館『精選版 日本国語大辞典

 

 「うんこ」よりも「うんち」のほうが新しいということでいいのかな。でも、「うんこ」を「うんち」と語尾変化させた人、すごいなと思う。「んこ」より「んち」のほうが言いにくいから、楽に流れたわけではなく、おそらくだけど「こ」という音に付随する「硬さ」が自身の大便の様態とは合わなかったんだろうなと思う。かくいう私も、小さい頃、「うんこ>うんち>うんにょ」と語尾を変えつつ、大便の硬さを表現していた。幼児語というか、幼児の発想は侮れない。